ドラッグストア監修メンタルヘルスに関する解説するサイト

メンタルヘルスの治療法

メンタル疾患には特徴的な症状があります。「患者の症状を正しく把握し、患者と環境との相互関係を理解し、病気がどの程度まで生活の支障になるのかを知る。」「患者の苦しみを理解したことを患者や家族に伝える。」「患者の家族の医療に対する姿勢や期待がどのようなものかを知る」「苦しみを与えるものが医療で扱う病気であると告げ、診断する根拠や病気の性質、医師としてできる治療、今後の見通しについて伝える。」などです

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

メンタルヘルスの治療法に認知療法と呼ばれるものがあります。認知療法では、人にはその人特有の物事のとらえ方 (心のくせ、認知のパターン) があって、それが感情のコントロールに影響を及ぼしていると考え自分の「心のくせ」や思考のパターンを知り、それをより柔軟性の高いものに変化させていくことで、気分の改善を図ったり、社会への適応性を高めたりする方法です。それでは、自分の「心のくせ」を知ることができるのでしょうか?その方法論が、認知療法のポイントです 「認知療法」では、自分の「心のくせ」、すなわち認知の歪みのパターンを知り、それを修正していくトレーニングです。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

ものの見方を柔軟にしていくことによって気分や社会適応性を改善することが目標です。しかし、精神症状がきわめて不安定な急性期では薬物療法や時によっては入院治療を優先し、そのような状態を脱しなければなりません。薬物治療を含むすべての治療法が万能でないように、認知療法にも適否があります。 精神状態がそれほど不安定でないときには、認知療法的な方法が精神状態のいっそうの安定化に役立つと思います。認知療法を含めて、ひとつの治療法に固執することなく、その状況に適切な治療法を選択するという柔軟な姿勢が大切です。

 

薬剤師国家試験