ドラッグストア監修メンタルヘルスに関する解説するサイト

メンタルヘルスの症状

「メンタル疾患」になる人はだいたい1年間に千人あたり260人〜315人くらいといわれています。人口の統計からするとメンタル疾患になる確率はかなり高いといえます。気のせいでは?と考えて治療を一切受けずに自然に回復しようとして、症状が悪化し悪くなっても深刻には考えないものです。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

健康ドリンクやテレビ番組で紹介されている商品を使用すれば改善されるのでは?と思い病院に訪れる人は少ないでしょう。いざ診察してみると医師に「メンタル疾患による症状です。」と判断されるのは約半数と言われます。医師が精神科を紹介するのは約四分の一まで減ります。精神科医が診察した患者の約6人は入院を避けられないほど重症と診断されました。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

精神科医が外来で診察することになった患者はメンタル疾患である患者の一割にも達しません。 メンタルヘルスの主な症状として以下のような変化が自分や部下・上司、同僚に在る場合は、メンタルバランスを崩しているかもしれません。もしそうであれば十分にコミュニケーションをとって、適切な対応をしていくことが重要です。
以前と言動が変化(表情、態度、声音)
欠勤、遅刻、早退の増加
周囲との対立が目立つ
とりとめのない訴えの増加
酒量、タバコ量の増加
他人の言動を必要以上に気にする
仕事の能率の低下、ミスの増加

 

薬局