ドラッグストア監修メンタルヘルスに関する解説するサイト

メンタルヘルス・マネジメント検定試験とは

働く人のストレスは年々増加傾向にあり、活力ある職場を作るには、まや心の健康管理は不可欠です。終身雇用制の崩壊、生産拠点の海外移行など日本の企業のあり方が大きく変わってきています。それに伴い、企業で働く労働者をとりまく環境も厳しさを増しています。日常的なストレスから「うつ」などを発症する例も多くなり、雇用する側にとっても大きな問題となってきました企業の人事・労務担当者、管理監督者、一般社員などを対象に、それぞれが職場での役割・階層に応じて必要なメンタルヘルス対策の知識や技術を習得しているかどうかを判定する試験をメンタルヘルス・マネジメント検定試験といいます。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

特に最近注目のニーズ上昇中の資格です。メンタルヘルスマネジメント検定試験は、企業の人事労務管理や社会的責任の観点から職場に必要なメンタルヘルスの知識を学び、職場内の心の健康増進に役立てることを目的としています。具体的には対象別に
T種: 企業全体のメンタルヘルス対策の推進を担当する、経営者・人事労務担当者など。
U種:部門内・部下のメンタルヘルス対策の推進を担当する、管理職。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

V種:自らのメンタルヘルス対策の推進に。一般社員。
に分けられ、受験資格としての学歴・年齢・性別・国籍の制限はありません。

 

ドラッグストア